【足立区河川敷】タイマンの理由は彼女を馬鹿にされたから?ネットでは「感動した」など称賛の声も!

10月30日、LINEで「タイマンしよう」と持ちかけ、足立区の荒川河川敷で決闘を行ったとして16歳の少年2人が書類送検されたと報道されました。

また、決闘の前には「凶器を持っていないか持ち物検査をする」「ギブアップするまでやる」「ケガをしても被害届は出さない」というルールも決めており、決闘を始めた後、通行人からの通報を受けたとの事です。

また、タイマンをした理由は何だったのか?また、ネットでは「ルールも決めて正々堂々として良い」「青春」「なぜか感動した」と称賛の声も多数ありましたので、ネットの反応もまとめています。

 

タイマンの理由は彼女を馬鹿にされたから?

この少年達のタイマンの理由は、彼女をバカにされたからだそうです!

タイマンの理由も、「青春だ」と話題になっています。

 

ネットの反応は?

 

書類送検された理由は

書類送検された16歳の少年2人に適用された罪は、通称「決闘罪ニ関スル件」(明治22年制定)です。

明治時代の制定以来、実務上はほとんど適用の機会がなく、昭和後期・平成初期までこの法律は「過去の遺物」となっていたが、少年による果たし合い、いわゆる「タイマン」が本法の決闘に該当するとの判断がなされて以降は事態が急変した。

これにより、例えば暴行罪や傷害罪での立件が困難であるような事件を摘発又は解決する道を開く法として、その価値を見出されることとなった。検察庁の統計によると、同庁の決闘罪の受理人員数は2005年には34名を数えている。適用の多寡が各都道府県警察により異なること、また珍しい罪名であり適用される事例も少数であることから、この法令を適用して立件されたというだけでマスコミが取り上げることもある。
引用元:wikipedia

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です