【比較】台風19号、20号と台風21号を比べると?関東(千葉)に上陸(接近)する可能性は?

10月19日夜、台風21号が発生したと発表がありました。

台風20号が過ぎていな状況ですが、21号も発生しダブル台風となってしましました。

先日の台風19号により、甚大な被害が出ている状態ということもあり、今回の台風21号の勢力や進路など、とても気なります。

気になる勢力の強さを比較してまとめましたので、ご覧いただければと思います。

 

台風19号、20号と台風21号の比較

台風19号

・最低気圧 915hpa
・最大風速 55m/s
・発生期間 2019年10月6日~10月13日

台風20号(10月20日時点)

・中心気圧 980hpa
・最大風速 35メートル
・最大瞬間風速 50メートル

発生当初は3日も持たずに熱帯低気圧に変わる予想でしたから、ある意味想定外の発達を続けていると言ってもいいかもしれません。現在、沖縄本島の南海上をゆっくりと北寄りに進んでいます。今後日曜日にかけて強い勢力で沖縄本島の南を北上し、月曜日にかけてやや衰弱しながら沖縄本島近海を北東に進む見込みです。その後、火曜日午後9時には西日本の南海上で温帯低気圧に変わる予想ですが、北寄りに進むと西日本の太平洋側にかなり接近する予想で、さらにこの温帯低気圧と秋雨前線が一体となって北上し、西日本から東日本の広い範囲で大雨となる計算もあります。今後の最新情報にご注意下さい。
引用元:Yahoo!ニュース

台風21号(10月20日時点)

・中心気圧 950hpa
・最大風速 45メートル
・最大瞬間風速 60メートル

トラック諸島近海にある台風21号は、西よりに進んでいます。海面水温27度以上の所を通り、21日(月)にはマリアナ諸島付近で、強い勢力になる見込みです。23日(水)には非常に強い勢力になり、北よりに進むでしょう。24日(木)頃に小笠原近海を進み、小笠原諸島では大荒れや大しけ、大雨の恐れがあります。台風21号は、その後も勢力はあまり衰えずに、北上する見込みです。
引用元:日本気象協会

 

台風21号(2019ブアローイ)の名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月20日

 

【台風21号】関東(千葉)に上陸(接近)する可能性は?

台風21号(ブアローイ)は10月20日正午現在、1時間におよそ20キロの速さで西北西に進んでおり、25日にも関東地方に近づく進路が予想されている。
引用元:福井新聞

台風21号は、西北西に進んでおり25日頃に関東地方に近づくと予想されています。

また、台風が西寄りに進めば、日本の南へ到達する可能性があり、逆に東寄りに進んでいった場合は、本州にはほとんど影響がないとの事です。

 

台風21号(2019ブアローイ)の名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月20日

 

ネットの反応は?

 

台風21号(2019ブアローイ)の名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月20日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です