台風21号(2019ブアローイ)の名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

10月19日夜、台風21号が発生したと発表がありました。

既に台風20号も発生しており、 明日21日に沖縄、奄美に接近すると予想されています。

立て続けに台風が発生していますが、今回の台風21号の名前の由来や、進路や勢力の予想もまとめています。

 

台風21号(2019)ブアローイの名前の由来や意味は?

「ブアローイ」は、タイが用意した名前で「お菓子の名前」だそうです!

「ブアローイ」は、タイが用意した名前で「お菓子の名前」です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。
引用元:日本気象協会

 

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

台風19号(2019)ハビギスの名前の由来は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても。上陸は3連休に直撃か

2019年10月7日

 

台風21号の進路や勢力は?

19日午後9時に、トラック諸島近海で台風21号「ブアローイ」が発生しました。中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sとなっています。台風21号は今後、発達しながら西寄りへ進み、次第に向きを北寄りに変えるでしょう。21日には強い勢力でマリアナ諸島、23日には非常に強い勢力で小笠原近海に進む見込みです。今後も最新の情報をこまめに確認してください。
引用元:日本気象協会

台風20号の勢力は沖縄本島の一部が強風域に入っているとみられ強い雨と風が起こると予想されています。

台風21号の勢力は25日(金)頃には「非常に強い」勢力と予想されており、進路は小笠原近海に進む見込みと予想されています。

ただこの時点の予報円の直径は1300キロもあり、西寄りに進めば日本の南へ到達するおそれがある一方、東寄りに進めば、本州付近にほとんど影響することなく、日本の東へ遠ざかるような予想です。
引用元:Yahoo!ニュース

 

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

台風19号(2019)ハビギスの名前の由来は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても。上陸は3連休に直撃か

2019年10月7日

 

ネットの反応は?

 

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

台風19号(2019)ハビギスの名前の由来は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても。上陸は3連休に直撃か

2019年10月7日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です