【ラグビーワールドカップ】実質2位はギャグ(ユーモア)?本気?ネタに対してマジレスする人に批判か

11月2日、ラグビーワールドカップの決勝(南アフリカvsイングランド)が行われ、見事、南アフリカが優勝を果たしました!

 

また、日本が南アフリカにしか負けていないことで、ツイッターでは「実質2位」というワードがトレンドになりました。

この「実質2位」に対して「そんなわけないだろ」などと反論している方に対し、「冗談にマジレスして余裕がない」など批判する声も多数上がっています。

 

実質2位はギャグ(ユーモア)?本気?ツイッターまとめ

 

【ラグビー】中央にトライするのはなぜ(理由)?ゴールの内側(後ろ)に走ってトライをする理由を解説

2019年10月6日

 

 南アフリカの優勝シーンの動画も!

 

【ラグビー】中央にトライするのはなぜ(理由)?ゴールの内側(後ろ)に走ってトライをする理由を解説

2019年10月6日

 

イングランド代表「ジョナサン・ジョセフ」 選手が話題に

ジョセフ・ジョースター

1920年9月27日誕生、イギリス出身。18歳の時にアメリカ合衆国に移住し、後に帰化している。身長195cm、体重97kg。血液型B型。ジョナサン・ジョースター、エリナ・ペンドルトン夫妻の息子であるジョージ・ジョースター2世と、母エリザベス(リサリサ)の間に生を受ける。

イギリス空軍のパイロットだった父は、ジョセフが生まれて間もない頃に、軍の司令官として潜んでいた屍生人(ディオ・ブランドーの配下だったゾンビ)の正体を知ったために殺害され、母もある事情から死んだことにされていたため、幼少期・少年時代は祖母エリナの手で育てられた。

18歳の時にリサリサの召使だったスージーQと結婚し、一人娘・ホリィをもうけた。空条承太郎は、ホリィと日本人ミュージシャン・空条貞夫の間に生まれた孫である。また、1980年代に日本で不倫関係にあった女子大学生・東方朋子との間に、隠し子・東方仗助がいる。
引用元:wikipedia

ジョナサン・ジョースター

1868年4月4日イギリス生まれ、血液型はA型。由緒ある英国貴族、ジョージ・ジョースター卿の一人息子。第二部『戦闘潮流』の主人公ジョセフ・ジョースターの祖父であり、第三部以降にも彼の子孫は登場する。

立派な「紳士」になることを目指して、日々努力を続ける少年。正義感が強く、生真面目で心優しい性格。また、どのような困難にも真正面から立ち向かうことのできる勇気を持っている。

作者の荒木は「ジョジョの歴代主人公同士が戦ったら誰が一番強い?」という問いに対して「実はジョナサンじゃない?」と答えている。

姓と名前から、愛称は「ジョジョ」。名前は、連載当時に荒木が打ち合わせなどに利用していたファミリーレストランジョナサンに由来しているという説が一般的であったが、これは名前を覚えてもらうための方便であり、実際にはデニーズで打ち合わせを行っていた。順序が逆で、まずはデニーズで、連載中にジョナサンで打ち合わせするように変わり、ジョナサンの方の話が広まったという。
引用元:wikipedia

 

【ラグビー】中央にトライするのはなぜ(理由)?ゴールの内側(後ろ)に走ってトライをする理由を解説

2019年10月6日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です