フォルランが現役引退を発表。今後(次)の活動は?サッカー界に残る?プレーの動画も

元ウルグアイ代表FWのディエゴ・フォルラン(40)選手が、現役引退を発表されました。

2014~15年にC大阪でプレーした経歴もあり、ウルグアイの英雄と言われていた選手という事もあり話題になっています。
特にC大阪入団時の会見では、約1分30秒にわたり日本語で会見していたのが、印象に残っています。

 

そんなフォルラン選手の、今後の活動やサッカー界に残るか?という疑問も多いと思いましたので、調査してみました!

 

今後(次)の活動は?サッカー界に残る?

「簡単ではなかったが、プロとしてサッカーをプレーすることを終える決断を下した。最近、プレーするオファーを受けたが、(断る)言い訳を探していたし、えり好みをするようになって(決断が)難しくなっていた。子供達が生まれたことで、家族といることを優先するようになった。プロ選手として21年過ごしたが、子供のころに夢見たものより、ずっとずっと素晴らしいものだった」

引退後は指導者を目指し、既にコーチライセンスのコースを受講していることを明かし「(古巣の)ペニャロールを指揮したい。能力があるかどうかを見極めなくてはならないけど、夢としてウルグアイ代表の監督になれたら嬉しいね」と目標を掲げた。

出典:スポニチ

フォルラン選手は、今後指導者を目指していくそうですね!
また、家族の時間も大切にしつつ、サッカー界にも残って活動を続けていくのではないかと思います。

 

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス選手もコメント

 

「ウルグアイサッカーの歴史。代表チームとプレーしたすべてのチームで、ウルグアイの人々に忘れられない瞬間を作ってくれたことに感謝したい。そして僕に教えてくれたことにも感謝している。僕のアイドルと一緒にプレーできたことは夢だった。あなたはウルグアイの伝説となった。新たな挑戦がうまくいくことを祈っている」

フォルラン選手のプレー動画

 

 

 

 

ファンの反応は?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です