豪栄道は年寄名跡(年寄株)を取得していない?大関特権で3年は親方でもその後は?

1月27日、大関からの陥落が決まった豪栄道が現役引退の意向を固めたと報じられました。

引退手続き完了後、日本相撲協会から正式発表となるが、年寄名跡(年寄株)は取得しているのでしょうか?

豪栄道は年寄名跡(年寄株)を取得していない?

豪栄道は年寄名跡(年寄株)を取得していないようで、現役年寄一覧にも名前は記載されていません。

豪栄道は大関だったため、3年間は年寄の資格を得る事が出来ます。

引退時に名跡を取得していない横綱と大関は、横綱は5年・大関は3年に限って、引退時の四股名のまま年寄の資格を得る。委員待遇の正年寄であり、準年寄ではない。2015年2月12日に琴欧洲親方が鳴戸を襲名して以降、該当者はいない。 引用元:wikipedia

3年を過ぎても株がなければその時点で廃業となってしまいます。

大関特権で3年は親方でもその後は?

現時点では、豪栄道が大関特権で3年経過した後の情報はありません。

引退後、年寄として初めて番付に載る際は、一般の年寄や功績顕著の一代年寄とは異なり、氏名の上に「(四股名)改メ」とは書かれない。委員待遇の正年寄であり、過去には「現役名年寄」のまま審判委員に任命された者もいる。一代年寄と同様、一般の年寄株を一つ保有することが出来る。過去には、自分の名跡を人に貸していたためこの規定を利用した例もある。 引用元:wikipedia

ネットの反応は?