台風19号(2019)ハビギスの名前の由来は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても。上陸は3連休に直撃か

10月7日、台風19号が急速に発達していると報道されました。

台風19号は7日、急速に発達しています。午前3時に「強い」勢力となった後、さらに発達して正午には「非常に強い」勢力になりました。中心気圧に注目すると、「強い」勢力だった午前3時には975hPaでしたが、「非常に強い」勢力の午後3時には925hPaと、わずか半日で、50hPaも下がりました。12時間で台風の中心気圧が50hPa以上下がるのは、2000年代に入ってからは珍しく、2006年の台風20号以来です。
引用元:livedoor news

2019年の台風19号の名前の由来と、進路予想や勢力についてもまとめています。

 

台風19号(2019)ハビギスの名前の由来

台風19号の名前は、ハビギスです。
名前の由来は、フィリピンが提案した名称で、「すばやい」という意味の言葉が由来だそうです。

 

【台風】養生(マスキング)テープがない(売り切れ)時の代替品はこちら!ガムテープ(紙)だと跡が残る

2019年10月10日

台風19号が千葉に上陸する可能性は?台風15号の勢力の比較と上陸日時はいつ?今年最大の台風で停電の可能性も

2019年10月7日

 

進路予想と勢力

進路予想

世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果を比較すると、11日(金)以降の予測にはばらつきがあるものの、西日本から東日本方面へ近づくことを示唆するものが多くなっています。

進路や接近のタイミングはまだ不確定ではあるものの、発達が予想されることから、多少の進路の違いがあったとしても、次の週末の三連休に日本へ何らかの影響を与えるおそれが高まっている状況です。

まだ接近までには時間がありますが、今後の情報に注意し、最新の気象情報を入手するようにしてください。
引用元:ハフポスト

勢力情報

大型の台風19号は、きょう正午に「強い台風」から「非常に強い台風」に変わりました。今後も海面水温の高い領域を進むため、あすには「猛烈な台風」まで発達する見通しです。あす正午に予想される中心気圧は915hPa。中心付近の最大風速は55メートル/秒。最大瞬間風速は75メートル/秒となっています。もし、予想通りになれば、今年、日本に近づく台風の中では最も強い勢力となります。

西日本や東日本に近づく11日から12日にかけては、再び非常に強い勢力となり、ワンランク勢力が下がる見込みですが、それでも厳重な警戒が必要です。12日午前9時に予想される中心気圧は935hPa中心付近の最大風速は50メートル/秒。最大瞬間風速は70メートル/秒となっています。
瞬間的に吹く70メートルの風とは、多くの樹木が倒れ、家屋が崩壊するものがあり、台風15号で被害を受けた千葉県のように停電するおそれもあります。
この週末は、台風の進路などによって西日本や東日本を中心に風や雨が強まり、大荒れの天気や大雨となるおそれがあり、交通機関に影響のでる可能性も高くなっています。今後も最新の情報を確認して下さい。
引用元:日本気象協会

 

【台風】養生(マスキング)テープがない(売り切れ)時の代替品はこちら!ガムテープ(紙)だと跡が残る

2019年10月10日

台風19号が千葉に上陸する可能性は?台風15号の勢力の比較と上陸日時はいつ?今年最大の台風で停電の可能性も

2019年10月7日

 

ネットの反応

 

【台風】養生(マスキング)テープがない(売り切れ)時の代替品はこちら!ガムテープ(紙)だと跡が残る

2019年10月10日

台風19号が千葉に上陸する可能性は?台風15号の勢力の比較と上陸日時はいつ?今年最大の台風で停電の可能性も

2019年10月7日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です