台風22号(2019)マットゥモの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

10月30日、台風22号の「マットゥモ」が発生したと気象庁が発表しました。

10月に入ってからの4つ目となる台風ですが、「マットゥモ」の名前の由来や、進路や勢力についてまとめています。

 

台風22号(2019)マットゥモの名前の由来や意味は?

2019年の台風22号の名前は、アメリカが命名した「マットゥモ」です!

意味は、グアムやサイパンなどのマリアナ諸島の現地語チャモロ語で「大雨」という意味があるそうです。

「マットゥモ」は、米国が用意した名前で意味は「大雨」です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。
引用元:日本気象協会

 

台風21号(2019ブアローイ)の名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月20日

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

 

進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

台風22号の勢力は、10月30日時点で、

中心気圧:1000hpa
最大風速:18m/s
最大瞬間風速:25m/s

進路は、ベトナム方面に進むと予想されています。

気象庁の発表によると、日本への直接的な影響はない見込みと発表しています。

 

台風21号(2019ブアローイ)の名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月20日

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

 

ネットの反応は?

 

台風21号(2019ブアローイ)の名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月20日

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です