新型コロナウイルスの対策(予防)方法は?うがい・手洗い・マスクなどの一般的な風邪対策が必要か

1月16日、国内初の新型コロナウイルスの患者が確認されました。

患者の30歳代男性は、武漢市への渡航歴があり、中国で肺炎患者と濃厚接触の可能性があるとの事です。

新型コロナウイルスの対策(予防)方法について、現在分かっている情報をまとめています。

 

新型コロナウイルスの対策(予防)方法は?

新型コロナウイルスの対策方法について、16日に開かれた厚生労働省の緊急会見では、「(今の季節は)風邪などいろいろ流行るが、一般的な感染症対策をしっかりして、過剰な心配をしないように」と呼び掛けています。

16日午前に開かれた厚生労働省の緊急会見では、通常の生活をしている人への感染リスクは現時点では低いのではないかとしている。
「(今の季節は)風邪などいろいろ流行るが、一般的な感染症対策をしっかりして、過剰な心配をしないように」と呼び掛けた。関係者によると、一般的な感染症対策とは、咳が続く人はマスクをつけたり、石鹸で手を洗ったり、うがいを心がけたりすることだという。 引用元:ハフポスト

 

一般的な感染対策↓

・マスク

・うがい

・石鹸を使用して手洗い

手洗いで汚れが残りやすいところ

出典:AMR

 

感染経路は不明

現時点では、ヒトからヒトに感染するかどうかは不明と発表されています。

また、国内で患者が確認される前から、ヒトからヒトに感染する可能性は低く家庭内や病院内での濃厚な接触といった環境では、感染する可能性があるとされています。

夫婦での感染事例はヒトからヒトに感染することを示唆していますが、1000人近い患者と接触した追跡調査対象者の中からその後発症者が出ていないということは、これまでのMERSコロナウイルスやSARSコロナウイルスと同様、ヒトからヒトへの感染性は高くなく家庭内や病院内での濃厚な接触といった限定的な環境では感染しうる、ということを示唆するものであり、現時点では爆発的に世界中に広がる可能性は低いと考えられます。 引用元:Yahoo!ニュース

武漢に渡航された方、これから渡航される方

武漢に渡航された方、これから渡航される予定の方については以下の点にご注意ください。

武漢へ渡航した方

・帰国後数週間(※潜伏期不明のため)は健康状態を注意深く観察し、体調不良時はすぐに病院を受診しましょう。その際には必ず渡航歴を医師に知らせるようにしましょう
・咳や鼻水、喉の痛みなどの呼吸器症状がある場合は、マスクを着用しましょう。マスクがないときも咳エチケットを徹底するようにしましょう

武漢に渡航する予定の方

・家禽や野生動物との接触、生肉や調理が不十分な肉の摂取は避けるようにしましょう
・現地で体調の悪い人、病人との接触は避けるようにしましょう
・食事やトイレの後など手洗いをこまめに行いましょう 引用元:Yahoo!ニュース

 

ネットの反応は?