台風20号(ノグリー)が発生する確率や日本に上陸(直撃)する可能性は?新たに熱帯低気圧が発生(2019年)

10月15日、気象庁がフィリピンの東に熱帯低気圧を解析しました。

台風15、19号の影響により傷が癒えていない状態ですが、さらに台風20号が発生する可能性があると報道され、話題になっています。

台風20号は発生するのか?また、発生した際に日本に上陸する可能性があるのか?を調べています。

 

台風20号(ノグリー)が発生する確率や日本に上陸(直撃)する可能性は?

昨日から発表されている気象庁の予想天気図では、特に発生が見込まれていませんでしたから、予想以上に雲域が発達してきている状況です。

今のところ、発生した熱帯低気圧は北西方向へ、つまり沖縄方面へ進むような感じでゆっくりと動いています。

まだ発生したばかりで、今後の情報は気象庁から出されていませんが、週末にかけての動向が気になるところです。

気象庁が発表した予想天気図では、今後はあまり発達することなく、今と同じくらいの勢力で、あさって木曜日には沖縄の南方海上(フィリピンの東海上)へ進む予想です。
引用元:Yahoo!ニュース

15日の現時点では、台風20号が発生する可能性と、日本に接近する可能性は低いと予想されています。

今後の動向は、週末の天気によって左右される可能性が高いそうです。念のため、今後の動向に注意が必要との事です。

 

追記

台風20号「ノグリー」が発生しました。(10月18日追記)

18日午前3時に、フィリピンの東で発生した台風20号は、西よりに進む予想です。今のところ、今後の発達はあまりなく、日本への直接的な影響はありませんが、まだ台風シーズンは続きそうです。
引用元:日本気象協会

 

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

【定点カメラ】八ッ場ダムのライブカメラの様子はこちら!台風19号により水位54mまで上昇

2019年10月13日

 

台風20号の進路について

フィリピンの東海上にある雲域が急速に発達して、渦を巻き始めており、きょう午前9時に熱帯低気圧が発生しました。

昨日から発表されている気象庁の予想天気図では、特に発生が見込まれていませんでしたから、予想以上に雲域が発達してきている状況です。

今のところ、発生した熱帯低気圧は北西方向へ、つまり沖縄方面へ進むような感じでゆっくりと動いています。
引用元:Yahoo!ニュース

また現在、気象庁は正式な台風情報を発表していません。

台風の実況と24時間先までの予報は3時間毎、120時間先までの予報は6時間毎に発表します。
また、台風が日本に接近し、災害が発生するおそれが出てきた場合には、実況と1時間後の推定位置を1時間毎に発表します。
台風情報の内容や発表スケジュールについては、「台風情報の種類と表現方法」をご覧ください。

台風が熱帯低気圧や温帯低気圧に変わっても、引き続き大雨や強風、高波などの激しい現象が発生するおそれがあります。各地の気象台では、大雨や強風、高波などに関する警報や注意報気象情報等を発表して警戒や注意を呼びかけていますので、最新の情報に留意してください。
引用元:気象庁

 

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

【定点カメラ】八ッ場ダムのライブカメラの様子はこちら!台風19号により水位54mまで上昇

2019年10月13日

 

ネットの反応は?

 

台風20号(2019)ノグリーの名前の由来や意味は?進路(経路)予想や勢力(強さ)についても

2019年10月15日

【定点カメラ】八ッ場ダムのライブカメラの様子はこちら!台風19号により水位54mまで上昇

2019年10月13日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です