OneDriveやTeamsが落ちる(遅い)?障害発生で復旧の目処はいつ?マイクロソフトのOffice365で障害

11月20日、マイクロソフトのOffice365内のサービス「OneDrive」や「Teams」などで障害が発生したと発表されました。

また、Office365サービスは19日にも一時メールを受信できないなどの障害が発生していたが、19日夜には復旧したとしていました。

復旧の目処は付いているのか?ネットの反応と共にまとめています。

 

OneDriveやTeamsが落ちる(遅い)?障害発生で復旧の目処はいつ?

11月20日14時の時点では、障害の復旧の目処はたっていないようです。

また、不具合が確認されているサービスと不具合内容は以下より。

タイトル:Microsoft365管理センターアクセスの問題

開始時間:2019年11月20日、UTC 1:26 AM

次回アップデート:2019年11月20日UTC 4:30 AM

詳細情報:

Microsoft365管理センター、Exchange Online、SharePoint Online、Microsoft Teams、Microsoft Intune、Skype for Business、Yammerでは、この問題が断続的に発生する可能性があることが確認されています。

Microsoft Intuneもこの問題の影響を受けるが、Intuneの管理者はportal.azure.comにアクセスすることで影響を回避することができる。

これは、影響を受ける他のMicrosoft365サービスの代替アクセス方法としては確認されていない。
引用元:Yahoo!ニュース

 

障害の原因は?

マイクロソフトの公式サイトによりますと、クラウドサービス「Office365」で、日本時間の20日午前から、グループチャットの「Teams」や、音声通話の「Skype」など一部のサービスにアクセスできなくなる不具合が起きているということです。

最近行ったネットワークの更新作業が原因と見られるとしています。

不具合は回復に向かっているということで、会社は最終的な復旧を急いでいるとしています。

マイクロソフトの「Office365」では19日もメール機能に不具合が起きたばかりです。
引用元:NHK

 

また、新しい情報が公開され次第、こちらに追記していきます。

追記

米Microsoftは11月20日午後2時すぎ(日本時間)、「Microsoft 365」に含まれる複数のサービスで発生していた障害が解消したと発表した。同社は、公式Twitterアカウントで「Microsoft 365の全サービスの復旧を確認した」と報告している。
引用元:yahoo!ニュース

 

ネットの反応は?