【10月2日】ツイッターがバグ(エラー)で見れない?不具合の理由(原因)や復旧の目処は?アクセスの集中か

10月2日、夕方ごろからツイッターを使えないバグのようなものが発生しているようです。

ツイッターのバグについて、分かっている事をまとめましたので、ご覧いただければと思います。

 

ツイッターがバグ(エラー)で見れない?理由(原因)や復旧の目処は?

10月2日16時頃より、Twitterで障害が発生している。 16時30分現在、TwitterでURLを含むツイートや画像、動画を含むツイートの投稿に失敗する状態となっている。また、「トレンド」や「ブックマーク」の閲覧、「モーメント」の作成も不可能となっている。Twitter上では、通知や「リスト」機能の不具合も報告されている。 Twitterによると、15時35分頃に障害発生を確認し、これを調査中だという。 Twitterでは、10月2日の午前にも、同社の公式クライアント「TweetDeck」に障害が発生。同社は14時14分、サービスが復旧したことを発表していた。
引用元:CNET Japan

現在、SNSやニュースを調べましたが、現在調査中という事しかわかっていないようです。

また、新たに情報が公開され次第、追記していきます。

 

ネットの反応は?

 

まとめ

現在分かっている情報をまとめると、

・トレンド機能が見ることができない
・ツイートはできるが、画像やURLの添付ができない
・通知が正常に表示されない
・リプライの返信ができない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です